に投稿

#3 家制度の影響を見る

民法が前提とする現代の家族は「核家族」です。それに対して、明治民法の家族は「家制度」からできていました。家制度は現代民法からなくなりました。しかし、いまだに慣習としてまた心理的に、家制度に影響を受けている核家族やファミリービジネスはたくさんあります。家制度的家族は「直系家族」あるいは「日本的家父長制」といわれます。そこでは、年長者、特に父親が権力を持ち、長男が全財産を受け継ぎます。親子関係および兄弟姉妹関係は不平等です。特に、「女性」と「子供」は差別の対象です。

一方、現行民法は男女間、兄弟姉妹間の平等を保障します。家族やビジネスの資産、財産を平等に分けなければなりません。

しかし、ファミリービジネスの研究によって、オーナーシップ(事業の所有権)は、1人かごく少数に集中させることが、ファミリービジネスのサステナビリティにとって有利であることがわかっています。その1人に、長男が選ばれることが少なくありません。家制度の影響が残っているためです。が、それは不平等です。そうしたことから事業承継が混乱し、恨みつらみや足の引っ張り合い、敵対関係、絶縁状態に陥っているファミリービジネスが多々あります。

本来、「オーナーシップ(事業の所有権)」や「ビジネス(実際の事業)」の承継と、「ファミリー(家族)」の承継とは、質(クオリティ)がまったく異なるものです。にもかかわらず、その質的違いはあまり説明されてきませんでした。たとえば、オーナーシップやビジネスでは、数値化や合理的判断が欠かせません。一方、ファミリーは好き嫌い、愛や憎しみ、親密さと疎遠さ、といった損得、利害、打算を超えた情緒的人間関係からなります。それは、数値化できるものでも合理的に割り切れるものでもありません。

ファミリービジネスは、質の違うオーナーシップ、ビジネス、ファミリーの3つからなる「それ以上分割不可能な1つの全体システム」です。それぞれ質が違うため、手を入れず自然なままにしておけば早晩矛盾が明らかになり、「分割」していきます。

ファミリー・セラピーでは、数字で割り切れない情緒的人間関係からなるファミリーの内実を直視し、そのシステムを改善します。その上で、またそれと並行して、ビジネスやオーナーシップとファミリーとのバランスの取れたウィンーウィン関係を育成します。

事業承継は、数字や合理だけで進むことはまずありません。なぜなら、家族の情緒的関係が絡んでくるからです。そのため、表面上うまくいっているように映る事業承継の水面下で、恨みつらみ憎悪が渦巻いていることがままあります。すると、事業承継を経験した兄弟姉妹世代ではもとより、その子供世代、また孫世代で、潜在していた先代家族の問題が浮上したりします。

中長期的に見ると、大変な事態を引き起こしたりします。そうならない場合でも、兄弟姉妹関係は、表面的で冷たいものになりかねません。家族関係が冷戦状態に陥り、コンタクト(接触)しなくなります。そして、コンタクトしたときには「一触即発」状態になって、「お家騒動(家族内戦争)」が始まったりします。それを予防したり、最悪の状況に陥っているファミリービジネスに適切な介入、危機対応をするのが、ファミリー・セラピーです。

に投稿

#2 源家族の影響を見る

現代の家族の中核には、「夫婦関係」があります。夫婦関係は夫の源家族と妻の源家族との影響を受けています。夫婦は夫個人と妻個人とからだけではなく、夫と妻の源家族の融合または化学反応から成ります。現代の夫婦の多くは、夫と妻の源家族(特に妻の実家)からの影響に無意識、無頓着です。ファミリー・セラピーは、夫と妻の源家族の影響をていねいに紐解きながら、家族の問題に取り組み、また家族の強みをサポートします。

に投稿

#1 役割を明確にする

ファミリービジネスでは、役割の錯綜や混乱が絶えません。なぜでしょうか?1人の人間が、幾つもの役割を担うためです。たとえば、会社での社長が、ファミリーでは父親であり、大株主であったりします。この人は、「社長」「父親」「大株主」という3つの役割を背負っています。うまく行っていないファミリービジネスでは、ビジネス場面で社長を「お父さん」と呼んだり、ファミリー場面で父親が「社長」としてふるまったりします。これは場面と役割の混乱です。

家族は、ビジネス場面で(父親を)「社長」と呼ばなければなりません。ファミリー場面では、(社長は)「父親」としてのみふるまう必要があります。それぞれの場面にあった的確な役割を抽出し、それを十全に生きることがファミリービジネスをスムーズに、健康に機能させるうえで不可欠です。