に投稿

#5 緊急対応を行う

「葛藤」は、「ケンカしないで仲良くしてね」「忖度」「御意」に〈抵触〉し、不安、恐怖を喚起します。「葛藤」になじんでいない人は、それとどう取り組んでいいかわかりません。そういったときに、よく起きるのが「キレる」です。「ブチキレ」または「プチキレ」です。不安、恐怖に耐えられず、それらを心から排出するために、「キレる」のです。それを放っておくと、暴力沙汰、刃傷沙汰になりかねません。自傷行為となる場合も、ままあります。緊急対応が必要です。

ここでいう緊急対応とは、セラピーのことです。しかしながら、それは場当たり的対処に過ぎません。中長期にわたって機能する根本的解決には、不安や恐怖を引き受ける心の「器」「度量」「土台」の創造が欠かせません。心に、大きな器、広い度量、しっかりとした土台があってこそ、真の「葛藤力」「対決力」「葛藤解決力」が可能となります。器、度量、土台が、安心、安全を提供するからです。

日本人、および日本で育った、あるいは日本で生活するあらゆる国籍の人が、葛藤解決に取り組む際、「葛藤」と「衝突」との〈差異〉に目を向けることが有益です。今までの葛藤解決の盲点が明らかになり、かゆいところに手が届く葛藤解決や議論を行うことができるようになるでしょう。

そのうえで、従来の良質な葛藤解決、交渉術、コミュニケーション理論を参照すると有益です。ファミリービジネス支援センターは、あなたに合ったオーダーメイドの葛藤解決を、ご提供します。家族戦争、お家騒動、親子の縁切り、離婚の危機を乗り越え、より良い持続可能な家族、夫婦になるために、「家族と夫婦の葛藤解決」をご活用ください。